【Datahub】KARTE Talkにて担当者が対応したユーザ数取得を自動化したいが...

KARTE Talkにて、チャット担当者が対応したユーザ数を自動で取得するために
Datahubのクエリを作成し、ジョブにて自動でスプレッドシートに出力したいと考えております。

Datahubのクエリを下記運用ルールを前提とし実装をしましたが
下記項目が満たされているか有識者の方のご意見をいただきたいです。

【項目】
1.参照しているテーブルが実現したい事に沿ったテーブルを参照できているか
2.抽出条件として問題ないか

<実現したいこと>
KARTEトークにて、当日に担当者が担当したユーザ数を取得したい。

<運用ルール>
担当者は必ずユーザ対応する場合には下記操作を実施する。
※テーブル:karte_event_のevent_name:_talk_logで担当者を設定したログを発生させるため

・作業前に項目:担当を設定する
パターン① ) 始めて担当者を設定するとき:未担当 ⇒ 担当者①
パターン②) 別の担当者を設定するとき:担当者① ⇒ 担当者②
パターン③ ) 同じ担当者を設定するとき:担当者① ⇒ 未担当 ⇒ 担当者①

<クエリの説明>
1.Datahub_データセットのテーブル:karte_event_にて
項目:event_nameに「_talk_log」を設定しKARTEトークのログを取得
2.その中でもトーク内にて担当者を設定したイベントを
WHERE句に項目:valueの「assignee_name」をLIKE句を用いて取得
3.参照項目として日付、ユーザID、担当者名を
重複をなくすためDISTINCT句を用いて一意に取得
4.1~3にて取得した結果より、担当者毎にユーザ数を集計
5.4にて取得した結果を抽出

<対象クエリ>
–###########################################
– 1.KARTE_トークにて担当を設定したログを取得
–###########################################
WITH TBL1 AS (
SELECT DISTINCT
FORMAT_TIMESTAMP(’%Y/%m/%d’
, sync_date, ‘+00:00’
) AS sync_date
, user_id
, JSON_EXTRACT_SCALAR(values
,"$._talk_log.content.log_data.assignee_name"
) AS user_name
FROM
{{ karte_event() }}
WHERE
event_name = ‘_talk_log’
AND
values like ‘%assignee_name%’
AND
FORMAT_TIMESTAMP(’%Y/%m/%d’, sync_date, ‘+00:00’)
= FORMAT_DATE(’%Y/%m/%d’,CURRENT_DATE())
ORDER BY
sync_date
)

–###########################################
– 2.担当者毎にユーザ数を集計
–###########################################
, TMP AS (
SELECT
T1.sync_date
, T1.user_name
, COUNT(T1.user_name) AS TalkUser_CNT
FROM
TBL1 AS T1
GROUP BY
T1.sync_date
, T1.user_name
)

–###########################################
– 3.抽出結果
–###########################################
SELECT
sync_date
, user_name
, TalkUser_CNT
FROM
TMP
ORDER BY
sync_date